スケートボード 道具

about Skateboard

参加してくださった皆さん、そしてコーチの皆さん昨日はお疲れ様でした!!
昨日は2部合計で90名オーバーと大成功でした!!

次回のスクールは6月22日(日)となります。
またスケボー広場で一緒に遊びましょう!!

反響の多かった「スケボーについて」の記事をブログにもアップすることにしました。
この記事を書いてくださったのはいつもスクールに出店&コーチをしてくださっている5NUTS店長 中村 久史さんです。いつもありがとうございます。

About_skateboard_from_5nuts ※読みにくいのでダウンロードしてお読みください。
「from_5nuts.pdf」をダウンロード

スケートボードについていままでわからなかった点がこれでクリアになるのではないでしょうか?
もっと詳しく知りたい方は是非5nutsに足をお運びください。
詳しいスタッフがお話します。
ちなみに通販も行ってますのでメールでも問い合わせできます。
http://fivenuts.com/

今後もこのような企画を続けていこうと思いますので、皆さんのご要望をお聞かせください。
リクエストはこちらまで

新横浜キッズスクール

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BPトレーディング ファミリーセールのお知らせ

当スクールにいつもご協力いただいているBPトレーディングがこの3連休にファミリーセールを行います!! 

多くのコーチ達がこのI-PATHのシューズを愛用しています、興味のある方は今度コーチの足下をチェックしてみてください。

このファミリーセールはいつもよりもかなりお安くスケートシューズ等が買えるチャンスです。

この3連休にぜひ会場に遊びに行ってみてください。

Family_final_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルメット

皆さんスケートしてますか?
キッズスケーターの方々にビックニュースです。

 


Ptb2_od スクールでヘルメットを販売しているのは皆さんご存知ですよね?
そのヘルメットが次回のスクールから値下げになります!!
今までは¥7800でしたが、イッキに下がって¥5800になります!!(シグネチャーラインについては今までどおり¥7800となります)
キッズ用ヘルメットってなかなか手に入りにくいですよね、スクールではサイズ、カラーとも豊富にそろえています、この機会にぜひ手に入れてください。

当スクールでは安全のためにお子様にはヘルメットの着用をお勧めしています。
パークに入るようになったお子様には特にヘルメットを着用していただきたいと思います。
次回スクールにてご覧になり、ぜひご検討ください。

ご予約も受け付けております。
こちらのメールアドレスまでご連絡ください。
info@falcon-japan.com

☆次回のスクールは4月29日(日)になります。☆
次回から2部制になります。
1部 9:00~受付 初級・中級者対象
2部 11:30~受付 上級者対象
となります。
詳しくは過去記事3/21をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケートボードシューズ

こんにちは。さほです。

最近スクールでスケートボードシューズ(以下スケートシューズ)を履いている子供たちをよく見かけます。スケートボードするには絶対スケートシューズが必要!!という訳ではないのですが、やっぱりスケートシューズはスケートボードに適したつくりになっているので、やりやすさ、安全の点から見てもお勧めなのです。

今回はスケートシューズについて書いてみます。

そもそもスケートシューズといわゆるふつうのスニーカーはどこが違うのでしょうか?見た感じは同じだし、スニーカーでもいいじゃないか、って感じですよね。

どこが違うかというと、ソール(地面と接するゴムの部分)が違います。ここがいわゆるスニーカーと全然違うところです。具体的にいうと、ソールのやわらかさ、デッキテープとソールの食いつき具合が違います。

スケートボードはとても繊細で微妙なコントロールを必要とします。ソールを介して足の裏に伝わってくる感触は最も重要な要素です。ソールが堅いとボードに乗った時、自分が足のどの部分で乗っているか、どういう風に重心を保っているか、ということが伝わってきません。そうすると、乗れていると思って乗っていても、足がボードから外れてしまいます。それと堅いソールはデッキテープへの食いつきが弱く、滑りやすいので危険です。スケートシューズではないスニーカーはスケートボードをするにはソールが堅すぎるものが多いので注意が必要です。

スケートボードシューズはソールの具合にとても気を使っていて、メーカーごとにいろいろな種類のソールがあります。それくらいスケートボーダーが気を使う部分なのです。

初めてのスケートボードシューズは、まずはやわらかくてボードの感覚が伝わりやすいソールのものをお勧めします。生ゴムのソールをアッパーに接着している作りの、バルカナイズソール(写真)というものが良いかもしれません。堅めのものもありますが、オーリーやトリックをやり始めたときに足への衝撃を和らげるために良いと思います。

スケートシューズにはまだまだたくさんの工夫があるのですが、きりがないので今回はこの辺で。

それともう一つ大切なこと。
シューズの機能もそうですが気に入ったデザインを選ぶことが大切です。僕は機能よりデザインに魅かれてシューズを選ぶことのほうが多いですね。やっぱり、気に入ったデザインや好きなスケーターが履いているシューズでスケボーするほうが気持ちが上がりますから。

春ですし。気持ちよくスケボーしましょう。

saho

P3290126_1 P3290124_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッキの選び方

皆さん今日は。

今回はスケートショプのスタッフの目から、DECK(デッキ・板)の選び方の目安を軽く説明します。

 まず最初にスケートボードの板にはいろいろな形の板がありますが、とりあえずスケートに挑戦してみたい人は、ノーズ(板の先端)とテール(板の後ろ側)が反り上がっているダブルキックの板をオススメします。

今はダブルキックの板が主流です。

板のサイズですが、まず身長とDECKの長さを対比してみましょう。

身長1m以下の人(5歳位まで)は、地面からおへその上位までの長さが良いと思われます。体が小さいから板も小さいほうが良いのではと考えがちですが、あまり小さい板では不安定になってしまいます。

身長1.3m以下の人(小学校低学年位まで)は丁度おへその辺までの長さのデッキが良く使われています。

身長1.6m以下の人(小学校高学年位まで)は腰上あたりの板がオススメです。この位の身長になれば、普通のレギュラーサイズの板を使っても良いです。女性のスケーターにもこの位のサイズがオススメですよ。

板の幅は、大体7.5”以下の幅であれば問題なく乗れます。

 次に滑る場所による選び方なのですが、フラットだけで滑るならば、多少小さめの板でもかまいませんが、パークなどRセクションがあるところでは、幅の広い板がオススメです。

R(ランページ)で滑ると、フラットよりスピードが出ますので、少し大きめの板を使って安定させましょう。もちろん細い板でも滑ることは可能ですが、つま先が飛び出したり足を踏み外して路面に着いてしまい、足をひねってケガしてしまった人を何人も見てきました。

ランプ(ランページ)で滑るときは、板を選ぶことも重要ですが、しっかりプロテクターを着ける事もオススメします。

 いろいろ目安を書きましたけど、一番良い板の選び方は、実際にお店で板を踏んでみて、板に乗る本人が気に入った板を選ぶのが良いです。

実際アメリカやカナダのパークで数多くのKID’Sスケーターに会いましたが、8”×31”を越える幅の板で、普通にエアーを飛んでいる子も数多くいました。

結局乗りたい板に乗るのが一番です。自分の好きな板に乗るだけで、スケートにとって一番肝心なやる気がでますから!

自分の好きな板で、思いっきり理想のスケートを追求してください。


板を選ぶにあたりほんの少しだけ書きましたが、スケーター達は他にもいろいろな観点から板を選んでいます。「今乗ってる板が調子悪い」や「この技ができないけど、板が悪いのかな?」などご質問がありましたら、HP(http://fabric045.com/)よりお問い合わせください。


次はウィールの選び方を予定しています。


FABRIC:小島
http://fabric045.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズBMXって?

こんにちは!  BMXコーチのmatzこと松永佳郎です。
 
BMXは基本的に20インチのwheelをつけています。よく子供用? なんて聞かれるけど、そうではなくって、あの小さいwheelだからこそ、ジャンプしたり、クルクルまわったり細かいトリックができるのです。
 
それで、まだ体も小さくて力もまだないキッズたちのためにも「キッズモデル」がちゃ~んとあります。
前回のスクールで見かけた方もいると思いますが、あれはなんと、アパレルブランドの「HYSTERIC MINI」さんのkids bmx!! 
wheelは16インチで、キッズも大人と同じようにジャンプしたりとライディングを楽しめる大きさになっています。パーツはどれも大人顔負け!! 
Hystericminibmx_1 Hystericminibmx2Hystericminibmx4








HYSTERIC MINI
さんは次回のスクールでも試乗車を展示してくれるとのことですので、みなさんブースを覗いてみてくださいね。
 
matz
 
<HYSTERIC MINI KIDS BMX>
 
値段¥93,450(税込) 色 キャンディーレッド、メタリックブラック 12月全国HYSTERIC MINI直営店にて発売開始!
 
 
<HYSTERIC MINI NEWS!!>
HYSTERIC MINI スケートボードスクールを10月14日に開催予定。詳しい予定が決まり次第オフィシャルHPにて告知します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プロテクター

お待たせ致しました、次回9月10日のスクールから会場にてプロテクターの販売が開始できる事になりました。 普通のショップではなかなか子供向けのヘルメットなどは手に入りにくい商品です。 ぜひ一度ご覧になってください。

当スクールではヘルメット装着の強制はしておりません、ですが、小さなお子様には安全面からヘルメット装着を強くお勧めしております。

スケートボードやBMX用のヘルメットです。 軽くて壊れにくくできています。デザインも昔からある定番の形です。

Bucky_classic_1 Yellow_classicnosxp_2 見覚えのある方もいらっしゃると思います、そうです、いつもスクールでお貸ししているヘルメットです。 アメリカでもスタンダードなスケートヘルメットとして有名なブランドのものです。

こちらの商品を販売する事になりました。
NEW カラーがでてたくさん選べるようになりました。


Ramp_kneesk_3 Elbow_blkskbmx_1 左が膝パッドで 右が肘パッドです。

ランプをやられる方には必需品です。 ランプをやるお子様にはぜひともつけてあげてください。

こちらは在庫がないためお取り寄せとなります。


当日、サンプルを展示しますのでサイズ(S-M-L-XL)をお確かめください。 カラーもたくさん展示する予定です、お好みの色を探してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケートグッズ

●今回のスクールから5nutsさんとFabricさんが毎回スケートショップを出店してくださることになりました。 スクールのたびに新しいスケート関連グッズを持って来てくださいます。
本物の子供用スケートアイテムは普通のお店ではなかなか手に入りません。 当スクールのスタッフが自信を持ってお勧めするスケートアイテムをゲットしてください。
各ショップの店長さんたちもスケートスクールのコーチとして参加してくださっています、わからないことがあったらドンドン質問してください。

●皆様からのご質問、ご要望の多いヘルメットプロテクターといった安全面のアイテムもスクールで販売できるよう、ただいま調整中です。 次回のスクールまでに販売できるように手配しているところなので、もう少しお待ちください。

●スケートボードの説明、道具の選び方など、このブログの中で紹介していく予定です。 楽しみにしていてください。

★次回のキッズスクールは8月20日(日)です。★


| | コメント (0) | トラックバック (0)