« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の記事

DANNY WAY

今年のX−GAMEだって
やばい・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

菜音'08【ZION】ザイオン

a4fly_o.jpg

a4fly_u.jpg


2008年、秋を迎える10月4日に、「菜音'08~ZION~」が所沢航空公園で開催されます。

このイベントで得られた収益で「菜音畑」を作る動きもあり、出演者・出店者・来場者の皆が
何より楽しんでもらうイベントになるよう願いを込めて、「菜音'08~ZION~」が開催されます。

僕らは10:00~12:00の間、KIDSを対象にしたスクールをする事になってます。(予定)
出演アーティストも豪華なんで、スケボー&音楽を満喫できる一日になりそうです。
しかも無料!!良かったら是非一緒に遊びましょう♪


■タイトル : 菜音 '08 【ZION】
■開催日程 : 2008年 10月4日(土)
■開催時間 : 所沢航空記念公園  【住所】所沢市並木1丁目地内
■料金   : 入場無料
■開催目的 : 「おいしい野菜を食べよう」を目的にした祭り。
■主催   : ZION PROJECT (仮)
■企画・制作: Roots N, Frontier Foot
■協力    : plus81, goofy, 早稲田大学公認イベント企画サークルqoon
■後援    : shibuya FM, NACK5(仮)

【ACCESS】

zion_map.jpg

■電車    : 西武新宿線「航空公園駅」前
■車     : 関越自動車道所沢ICから国道463号を所沢市街方面へ約6km


豪華出演アーティストはこちらの方々です
出演アーティスト

【 KEYCO 】

keyco.jpg

■Keycoプロフィール■
'99年に「SPIRAL SQUALL」アナログのみの限定発売で話題となり、北海道FM局NORTHWAVE[STREET FLAVOR]でリクエストチャート6ヶ月間1位の記録を出す。

その後メジャーデビューを果たし、現在までにオリジナルアルバム4作、コンセプトアルバム3作を発表。
自らの持つ声の特質を巧みに使い分けるセンスは、日本の女性シンガー・シーンにおいて突出した個性を誇る。
ニュー・ソウルをベースに活動しつつ、レゲエ、ヒップホップ、ファンク、ドラムン・ベース、ジャズ、ブロークン・ビーツなど、各シーンの一線で活躍するアーティストたちから厚い支持を受け、多数の名コラボレーションを実現。
その幅広い活動歴は、まさに彼女の存在感が類稀な力を持つことの証と言えるだろう。
最近では海外アーティストからのオファーを受けるなど、その揺るぎないオリジナリティを国内外問わず認められるシンガーに成長してきている。
それ以来、よりシンプルで愛の籠ったメッセージと、それを乗せる最新型ソウル・ミュージックを探求中。
'04年から多数のクラブ・ミュージック型バンドで構成されたクルー『nbsa+×÷』での活動、'05年からはPort:scapeのメンバーで構成された初のオリジナル・バンド(現在『鼓響』という名で活動中)でのライブ展開、'06年にはLIBROとのエレクトロニカ・ユニット『Fuuri』でのアルバム・リリースなど、生音とデジタルの融合を意識しつつ、あくまでも'08年らしい新しい音を求める姿勢で活動の幅を拡大中。
アーティスト活動10周年となる今年は、7月発表のベスト盤と8月発表のミニ・アルバムに続き、年内にフル・アルバムを発表予定。
http://www.keyco.jp/
http://blog.goo.ne.jp/keyco-nbsa

【 Ailie 】

ailie.jpg

■AIilieプロフィール■
1978年5月30日東京都生まれミュージシャンの家族の中で自然に歌い始め、2001年にレゲエバンド"I Continually"と共にシーンでの活動を開始。
2002年、"BOB MARLEY SONGS DAY"で優勝し、ジャマイカでの音楽修行へ。
帰国後はHOME GROWNのアルバムへのフューチャリング、横浜レゲエ祭にPAPA U-Geeと共に参加、DUBSENSEMANIAとのライヴで全国をまわり、シーンでの評価を上げながら、2007年、初のアルバム『Ailie』(LD&K)をインディーズで発表。
そのスイート&メロウな歌声が、フジテレビ系「グータンヌーボ」のプロデューサーの耳にとまり、楽曲『大丈夫。』が2007年10~11月度のテーマソングに決定!そして同年12月3日放送のTBS系ナショナルドラマスペシャル「彗星物語」のエンディングソングに楽曲『流れ星に』が大抜擢!
さらに、デビューシングル『風の歌』は2008年1月19日スタートのテレビ朝日土曜ミッドナイトドラマ『腐女子デカ』主題歌に決定。
レゲエの枠に収まらず、伸びやかで透き通った歌声日本の音楽シーンで待ち望まれていたシンガー"Ailie"。
http://www.ailie.jp

【 PJ 】

pj.jpg

■PJプロフィール■
既にキャリア20年、言わずと知れたジャパニーズ・レゲエのパイオニア。
シンガーとしては既に6枚のアルバム(参加ユニットアルバムも含め)を発表。
ジャマイカでのレゲエ・サンスプラッシュへの出演やスライ&ロビーやアスワド等世界的なレゲエ・ミュージシャンとの共演等、レゲエ・アーティストとしてのキャ リアは申し分ないなか、DUBSENSIMANIAに於いてはドラマーとしての参加となる。
その独特のタイム感を持ったドラミングは、バンドの大きなセー ルス・ポイントとも言える。

【 GORO 】

goro.jpg

■GOROプロフィール■
ストリートが生んだリアル・ミュージシャン、GoRo。
二つの音を出すモンゴルの歌唱法、ホーミー。オーストラリアの先住民アボリジーニの楽器、ディジュリドゥ。
アフリカのカリンバ(指ピアノ)や、オリジナルデザインの太鼓に口琴など、それらほとんどが自作の楽器で、数種類の楽器を同時に演奏するという、他に類を見ない独自のスタイルを確立する。
和太鼓パーカッションユニットGOCOOへの参加の他、井上薫、KeNsEi、白石隆之、 クラムボンやOrgan Language、田島貴男(オリジナル・ラブ)との共演の他、UAなど 有名ミュージシャンはじめ老若男女、世代を超えて支持されている。
また、おととし、9月に表参道にOPENしたルイ・ヴィトンのオープニングセレモニーでは、多くの著名人の前でステージを披露した。昨年7月には井上薫、KeNsEiらと共に結成したFinalDropが大きな話題を呼んでいる。

【 Cro-magnon 】

cro-magnon.jpg

■Cro-magnonプロフィール■
1996年、米国ボストンにて、Dr 大竹重寿、 Gt&B コスガ ツヨシ、Key 金子巧が出会いジャムを始める。
99年帰国後、Loop Junktionを結成。1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリースし2004年惜しまれつつも活動停止。同年、進化した三人が原点に立ち返り、cro-magnonとして活動開始。
DJMitsu the Beats,GAGLE, breakthrough, DJ Kou-G a.k..aGROOVEMANSPOT等が所属するクリエイター集団
"Jazzy Sport Productions" へ電撃加入。2005年秋に12インチアナログをリリース。日本国内にとどまらず、ヨーロッパを中心とした海外のDJにも高く評価される。2006年6月に 1stアルバムをリリース。国内のイベント、フェスでクラウド達を踊らせ続ける。そして2007年夏には2ndアルバムのリリース、ヨーロッパツアーを控えている。

【 KENSEI 】

kensei.jpg

■KENSEIプロフィール■
1986年からDJをスタートして、ダンスミュージック~ヒップホップ~ブレイクビーツ~アブストラクト~エレクトロニカ~フィールドレコーディング~ハウス~ジャズ~インプロと、どの方向へ進んでも一貫した音楽性で支持を受けるDJ&プロデューサーとして知られている。
都内の数々のクラブでオープニングDJやレジデントDJとしての活躍を経て、オールドスクールからジャパニーズ・ヒップホップまでヒップホップのカテゴ リーを独自のスタイルで築き上げてゆき、90年初期にトラックものを中心としたMIX CD『Dig the New Breed』やジャパニーズ・ヒップホップMCの音源ばかりを集めてMIXしたMIX TAPE『ILLVIBES』を発表し、JUICE、CAVE、TERMINAL、HARLEMなどで数々のHIPHOPイベントを築き上げた。
DJ KRUSH、DJ YAS、DJ HIDE、HAZUなどと共に"KEMURI PRODUCTIONS "を結成し、10台のターンテーブルを使ったセンセーショナルなDJライブを実演、「Tags of the Times」などが収録されたMIX TAPE『Cuts of the Times』のカルト・ヒットはアンダーグラウンドへの評価にも繋がり大きな影響を与え、イベント"ワールド・フェイマス"ではDJQUIETSTORMとDJセッションし動員数を記録的なものとした。
また、"indopepsychics"を結成し国内外のHIPHOPアーティストの楽曲やRemixを手掛る。90年後期から2000年以降はFUJIROCK Festivalやオーストリアのグラーツで行われた音楽祭への出演、伝説のオールドスクール怪人でありグラフィックアーティストとしても有名なRAM: ELL:ZEEと楽曲制作をしたりと更に自由度を増した活動を繰り広げる
近年は、ジャズ・オルガン奏者のKANKAWAとのユニット、"NUDEJAZZ"でラップトップを使ったエレクトリックインプロヴィゼーションライヴ& プロダクション・ワークを手掛ける。また、レギュラーイベントよりスタートしたCoffee & Cigarettes Band名義での楽曲制作にも期待が高まっている。

【 HIKARU 】

hikaru.jpg

■HIKARUプロフィール■
Dr.TETSUとのユニット、BLAST HEADと して1997年より活動を行い、1998年にファースト・アルバム『I』を発表。その後、1999年と2000年にリリースされたセカンド&サードをアル バムを経て、渾身の傑作アルバム『head music』をリリース。ジャンルを飛び越えたまさしくフリーな音楽観溢れるヴァイブを放つマスターピースとして広くシーンに浸透した。続く2002年に リリースされた最新アルバム『Landscape』で、さらに自由度の高い音楽性を提示している。またHIKARUはDJとしても10年のキャリアを持 つ。レゲエやダブに自らのルーツを持ちつつも、ターンテーブル上ではテクノやハウス、ブレイクビーツに到るまで幅広いセレクションが行われている。どんな ジャンルでプレイしても必ず"HIKARU色"に空間を染め上げる卓越したセンスを持つ、気鋭のDJ /クリエイターなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »