« アサナ01:体側ストレッチ | トップページ | 08.0727 スクールレポート »

アサナ02:立位の前屈

ご無沙汰です。

前回は体側ストレッチのやり方を説明しましたが、
簡単な運動をする事で肩こりの改善などになるので、是非、自宅でやってみて下さいね。

さて、今回は立位の前屈です。

まず最初にウジャイー呼吸をして心を落ち着かせてリラックスして下さい。
体側ストレッチをした後に続けて、以下のフロー(流れ)を呼吸と動作のタイミングに注意しながら行います。

01:吐

マウンテンポーズで立ち、呼吸を整えます。

マウンテンポーズで立ち、呼吸を整えます。


02:吸

息を吸いながら腕を横から上げ、手の平を合わせ空高く両手を天に向けます。

息を吸いながら腕を横から上げ、手の平を合わせ空高く両手を天に向けます。


03:吐

息を吐きながら、腰の付け根からゆっくり上体を前に倒します。

息を吐きながら、腰の付け根からゆっくり上体を前に倒します。

息を吐きながら、腰の付け根からゆっくり上体を前に倒します。


03:吸吐x5回

体が前に十分倒れたら、地面に腕をだらんとおろし、両肘をつかみます。
首を軽く左右に振り、首の緊張感をとります。
体重はややつま先に乗せ頭が床に近付いていくイメージです。
呼吸とともにリラックスします。

体が前に十分倒れたら、地面に腕をだらんとおろし、両肘をつかみます。
首を軽く左右に振り、首の緊張感をとります。
体重はややつま先に乗せ頭が床に近付いていくイメージです。
呼吸とともにリラックスします。


04:吸

吸う息で中心に戻ります。

吸う息で中心に戻ります。

吸う息で中心に戻ります。


05:吐

吐きながら腕をおろします。

吐きながら腕をおろします。



◆効能
・顔のむくみをとる
・肝臓、腎臓、脾臓の活性化
・気分が落ち着き、爽快に

一般的に、体の柔らかさを人と比べがちなポーズですが、ヨガはマイペースが肝心。
体が硬い人ほど効果が出やすいポーズなので、あせらず、呼吸に集中してゆっくり伸ばしていきましょう。
ポイントはリラックスすること。重力と呼吸を使って身体の後ろ側全体、特に足と腰が気持良く伸びてるのを感じて下さい。
心臓より頭が低くなるので、頭部への血行が促進され、頭が冴え、顔色が良くなります。

|

« アサナ01:体側ストレッチ | トップページ | 08.0727 スクールレポート »

コメント

効能すべて気になる項目。。

投稿: OKD☆ | 2008年7月30日 (水) 02時07分

気分転換にも良さそう! 

投稿: MATZ | 2008年7月30日 (水) 10時53分

>okd
お腹のお肉をなくす初歩的なポーズです。
前回のアーサナと一緒に一日5分続けて見て下さい。1ヶ月で効果を約束します。

>matz
そうです。タバコの変わりになる気分転換ですよー!ただ人目に付く所ではやり難いですが・・・w

投稿: mune | 2008年7月30日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120161/22643420

この記事へのトラックバック一覧です: アサナ02:立位の前屈:

« アサナ01:体側ストレッチ | トップページ | 08.0727 スクールレポート »