« 朝ヨガ準備体操 | トップページ | またまたライブやりヤス!!! »

質問について(答え編)

みなさん、最近このブログのコメントが増えてきてます!!(知ってました?)
各ブログページの一番下にコメントを書き込める欄があります、スクールやスケートボード、BMXに関する質問やご要望、そして厳しいご意見までどしどし書き込んでください。
スタッフ、コーチ一同で共有してお答え&改善していきますのでよろしくお願いします。

さて、今回はその書き込みコメントにありました質問についてお答えしようと思います。
あらかじめお断りしておくと、これは僕たちスクールの考え方であって必ずしも正解ではないと思います、他の方のご意見を否定するつもりはないのでご理解をお願いします。

Q:

防具の着用についてですがスクールに参加している子供達はしっかりと
着用しているので良いのですが講師の方達は大半何も着けていませんね。
私どもはスケボーの他にインラインの講習に参加していますが
あちらの講師はしっかりとプロテクターを着けています。
この違いはどこからくるのでしょうか?

A:
私たちはこの違いについて自分たちが行う行為を「遊び」と捉えるか
「スポーツ」と捉えるかの違いじゃないかなって所にいきつきました。

「スポーツ」は危険を避けるためにプロテクターを着用しますよね、
危険であればあるほどすごいプロテクターを。(アメフトや野球のように)

スケートボードを「スポーツ」と見なしていくと自然とヘルメット、
プロテクター着用っていう考えに至るのは自然なことだと思いました、
高いところからドロップするのはやはり危険なことだとおもいます。

しかし、スケートボードを「遊び」ととらえると見方が少し変わって
きます、ブランコやジャングルジム、滑り台を遊ぶときにヘルメット、
プロテクターは着用しませんよね。でも多少でも危険な点は変わらない
ですよね、そう考えると少し納得できませんか?

「スポーツ」として捉えられがちなスケートボードだからこそ僕たちの
考えである「遊びとしてのスケートボード」を伝えていきたいと
考えています。そしてその一番よい方法を手探りで探している所です。

どんどんスポーツ化していってスケート塾になってしまうのは私たちの
本意ではありません。

でも、小さいうち(キッズ)はヘルメットやプロテクターの装着を推奨
するというスタンスは同じです。
現在、たくさんの子供たちがヘルメットやプロテクターをつけてスケート
ボードを安全に楽しんでいるのはとてもうれしいことです。
体が完成されていない子供たちにはできるだけプロテクター、ヘルメットを
装着してあげてください。
(とくにミニランプをやる子供さんはつけてくださいね)

スタッフ一同 

参考までに今回のプロテクターについてコーチより寄せられた意見を載せておきます。

・自分達もいざ、危険を感じるセクション(例えばVERT)などをやることになれば、
危険を察知しかぶると思います。
無理をする際はメットなど、自分をプロテクトする物が
必要になるはずですが、
スポーツではない、楽しさを伝えるのに、安全3点SETは
必要ないと思います。

ボクは、スケボーの楽しさを共有するという目的でスクールに参加してます。
また、スクールで担当しているコーチはプロの方々です。

彼らもバーチカル(大きいランプ)で危険性のあるスケートをする時はヘルメットを
着用しますが、ストリート(平らな所でのスケボー)は比較的彼らには危険度が低く、
ヘルメットを着用するとかえって俊敏な動きの妨げになるので、あえて着用しないのです。
プロテクターは関節の動きの妨げになり、ヘルメットは重量感があります。
僕には未婚で子供もいませんが、息子や娘にコーチしてもらいたい親のリクエストは、
レールを超えたり、擦れるようななったりすることではなく斜度のあるところから
ドロップするたびに、
ヒヤヒヤじゃないかと思うんです。
100人中1人の少数派の声かもしれません、少数派であろうと多数派にせよ活動を
支援、応援してくれてる人たちに
違いはありません。
「何を教えてほしいか」の参会者と
「何を伝えたいか」の主催者の意見が一致することが
一番大事なことのような気がします。

スクールとしてのあり方として、このことを機に全員がメット着用して
きたとしたら
保護者の方々の意識に影響を与えることも確実です。

子供たちにも
今までと違った影響を与える存在になることでしょう。
プロテクターについて僕の意見なんですが、  スクールのときだけプロテクターをする
ことは、割り切っってしまえば簡単にできます。
でも、普段はつけてないわけですから、嘘の姿になってしまう。
 
普段の姿を見てもらったほうが真実を伝えられると思います。
僕はヘルメットをつけることってほぼないです、でも膝のパッドは付けています。
理由は簡単、BMXの場合、ひざをぶつけやすいので、ぶつけても痛くないようにです。
また、着用義務のある場所ではヘルメットもフツーに着用します。そのために普段は
かぶることのないヘルメットも持っています。
 
それから、ヴァートやでっかいDIRT(BMXの場合ですが)にチャレンジ系のときは
着用します。防具を付けている安心感から自分の限界をあげることができるのは
否定できません。だから自分がそういう気分のときは着用すればいい。
僕は、人に教えるときには「スキルがないのに無理することが一番危険」だと言うことを
伝えていきたいと考えています、防具の話からは若干ズレますが。。。
   
      
・ボクはヘルメット、プロテクターについては自己責任であると思っています。
しかし、子供だから自己責任を問う前に、大事になる前にそれを防がないといけないとは思います。
子供はほとんどの場所で大人のルールに従っています、学校でも習い事でも。
そこでは極端に例えるならどこでも”否応なしに防具着用”です。
防具着用を否定しているわけではなくて、子供のときに自分の意思で何かをする機会があまりないんじゃないかと思うのです。だから、スクールで防具着用を任意にしていることは意味があると思っています。
ただでさえ、最近の子供は外で子供同士が遊べる機会(つまり子供同士が可能な限り自分達の好きなように遊ぶ)が少ないと思います。だからプロテクターの着用くらい自分で選択させるのが子供のためになると思います。

以上、コーチから寄せられた意見でした。
皆さんもいろいろなご意見があると思います。
ぜひ書き込みをお願いします!!。
 




 

|

« 朝ヨガ準備体操 | トップページ | またまたライブやりヤス!!! »

コメント

私も基本的にはスケートボードは‘カッコイイ遊び’だと思ってますし、スポーツとして捉えてほしくないと言う考え方をしております。実際、スケートボードが登場して来た当初は‘遊び’でした。ですが、現在のように技のバリエーションが増え、高度なテクニックを駆使するようになってからは、遊びの域を超えてしまったと思います。現にプロスケーターという職業が存在するのですから、これはもう立派なスポーツになったと思います。ブランコや滑り台にプロは存在しないですよね。世間一般的にはスポーツと捉えてる人も多いと思います。

投稿: おやじスケーター | 2008年6月 7日 (土) 18時12分

スクールの方の丁寧さに感激しました!
ごもっともな意見。
5月のスクールは息子(6才)の体調不良で参加出来ませんでした。
息子は(私も)まだまだ初心者なのですが興味は抜群にあるようだし、スクールのHPを拝見させて貰って素晴らしいなと。なので、絶対参加します。頑張って下さい!

投稿: TOY | 2008年6月11日 (水) 11時30分

コメントありがとうございます。
この件に関してはいろいろなご意見があると思います。あくまでもスクールの見解になります。
もっと皆さんの意見も聞きたいと思う今日この頃です。

今後とも応援コメント宜しくお願いします!!

投稿: 運営スタッフ | 2008年6月11日 (水) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120161/21373425

この記事へのトラックバック一覧です: 質問について(答え編):

« 朝ヨガ準備体操 | トップページ | またまたライブやりヤス!!! »