« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の記事

08.06.22 スクールレポート

Dscn0333

昨日は悪天候にも関わらず、沢山のご参加ありがとうございました!
この時期は雨は仕方がないのですが、都内近郊で多少の雨でも滑れる新横浜のパークは都合がいいですよね。


__hr_p2250001

朝は曇り空ではあったものの、雨はまだ降っていないので、外でいつもの様にヨガ的準備体操を。
今回はいつも僕が実演してましたが、やり方を少し変えて僕が説明→コーチに実演してもらいました。
ナカナカ口頭での説明では解りにくいポーズがあり皆を混乱させてしまいました。。
この部分に関しては解りやすくブログにてやり方を更新していけたらと思ってます。


そして準備体操の後は早速スクールの始まりです。
新横浜kidsスクールでは、午前中は3クラス(初めて、初級、ミドル)があり、午後は1クラス(アドバンス)となってます。
それぞれのクラスで当日集まった子供達の人数で、その日参加してくれたコーチ(感謝)に受け持つ生徒数を割り当てます。
__hr_p2250015 今回、僕はミドルクラスの担当になり、8人程受け持ちました。今回のかわいい生徒達です→→→
8人位の人数になってくると教え方にもコツがいります
一人一人に説明をしてる時間はないし、ナカナカ話も聞いてもらえないし。。
子育てって大変なのですね。。(汗
そこで、僕は電車の様に連なって滑るやり方をやってます。
子供達を適当に1列にして、僕が先頭で滑り始めて列順に1列でついてくるというもの。
電車ごっこの様なものですね。
前の子が転んだり板から降りたりしたら、列の一番後ろについてまた追いかける。
このやり方が最良かどうかはわかりませんが、今はこれがお気に入りです。
Dscn0336 体を温めるのにも良いし、自分が出来ない(苦手な動き)は何なのかもはっきりするし、なんと言っても負けず嫌いな子供達は燃えてますね。
そんな風に子供達を刺激できてるからかみんな上達するのが早いですね。すぐに上手くなっていきます。


__hr_p2250024

BMXも賑わっていましたよw
昼頃から雨が降ってきたので、みんな高架下へと移動してきてすごい人数になってましたね。これだけの人が集まると迫力あります。


僕達は基本的に教え方素人集団です。
素人なりに考えて楽しさを伝える事ができる様に努力はしていますが、まだまだ至らない点も沢山あるかと思います。
より良いスクールにしていきたいので、皆さんからのご意見はスクール改善に役に立つ大変貴重なモノになります。
どんな些細な事でもかまいません。何か気づいた点や改善案などがありましたら、コメントして頂けたら幸いです。

次回は7/27(日)になります。
また子供達と一緒に遊べる時間を楽しみにしてます。

次のレポートはおかだっち(OKD)に書いてもらいたいなー!と勝手に思ってますww

これからもkidsスクールを宜しくお願いします。

コーチ代表:mune

Dscn0333

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今週のスクールランチ

みなさんこんばんわ

今週のスクールで残念なお知らせがあります。
今回のスクールはいつものカレー屋さんが都合で来られなくなってしまいました、なので、今回のスクールのカレー屋さんはお休みです。

Stk74345cor_2

ランチタイムを楽しみにしている方も多いと思います、今回はお弁当などを用意してきてください。

そろそろ気温も高くなってきています、飲み物の準備も忘れないでください。

よろしくお願いします!!

新横浜キッズスクール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブのMOVIEでヤス。

こんにちヤス~!
BMXコーチのヤスでヤス~!

先日行なわれた僕らのバンド「The krackies」のライブの模様を知り合いがビデオを撮っていてくれて、仮編集したものをユーチューブに載っけてくれました。

良かったら見てみて下さいヤス~。仮編集につき音はそこまで良くありませんが、、、。
ちなみに本番直前にビールを買いに行ってまさかの遅刻というハプニングもありました~。ステージに戻ってきたらバンドメンバー&お客さん、共にスタンバっていて相当あせりました!!!

今週末のスクール、天気がもちヤスように~。

Krackies

The krackies

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6月のスクール開催!!

皆さんコンニチハ!!

6月のスクールが今週の日曜日6月22日に開催されます。
時間と場所はいつもと同じです。

・6月22日(日)Skate & BMX School
・初めてクラス、初級者クラス、中級者クラスは9時すぎから受付、10時からスクール開始
・上級クラス(テストに合格した人のクラス)は11時過ぎから受付、13時からスクール開始
・各クラス 約1時間
・参加費 ¥500(初回の方は無料です)

★注意事項★
・事前予約等はございません、当日の朝受付までお越し下さい。
・プロテクターをお持ちの方は持ってきて下さい。
・サンダルでは受講できません、スニーカーでお越し下さい。
・アドバンスクラス受講希望の方はお昼休みにテストがありますのでスタッフにお声掛け下さい。

よろしくおねがいします!!

新横浜キッズスクール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウジャイー呼吸

皆さん Mune01

こんばんは。

久々の更新になってしまいました。
これからは更新頻度を上げていきます!という事で、
今日はヨガの基本の「キ」。呼吸法です。

スケボーでいう所の「プッシュ」ですね。
「プッシュ」でスピードがつけられないと楽しめない様に、
呼吸法ができないとアサナ(ポーズ)はタダのストレッチに
なってしまいますので、しっかり練習してヨガを楽しめるようにして下さいね。

ヨガには色々な呼吸法がありまますが、
今回はウジャイー呼吸を紹介します。

1.環境づくり
まず落ち着ける空間を作ります。
出来れば人がいない部屋で落ち着ける所が良いでしょう。
ヨガマットがあればマットの上で。

2.姿勢を整える
アグラを組んで足を組み姿勢を整えます。
お腹に力を入れて背中を伸ばし胸を開きます。
頭のテッペンから引っ張られている様な状態です。
アゴを楽にして目を閉じ舌を前歯の裏に軽くつけます。

Uj_2

3.ゆっくり呼吸を始めます
ウジャイ呼吸は腹式ではなく胸式呼吸です。
下腹部を常に力を入れて胸で呼吸します。
口は閉じたまま、鼻から空気を吸って鼻から出します。
「吸う」と「吐く」呼吸の長さを一定に保ちます。

4.より深く長く呼吸を続けます
ウジャイ呼吸の特徴は空気が喉の裏を通る時にでる音です。
慣れてくると喉の裏をスゥー、スゥーと空気が通る音が聞こえ、
この音に集中して更に深く呼吸を続けていきます。

5.ゆっくり元に戻ります
3~5分ほど続けて、体の緊張が解けたらゆっくり目を開けて
ウジャイー呼吸から普通の呼吸に戻します。

アサナ(ポーズ)の練習前に体を温め気持ちを落ち着ける為に
ヨガの練習前はいつもこのウジャイー呼吸をします。

初めはゼイゼイとせき込んだよな音になり、イビキのような音が出ることもありますが、
練習を重ねていけば、誰でも次第に慣れてスゥー、スゥーという音に変わるはずです。
実際に音を聞かないと解らないと思うので、スクールの時にお気軽に声をかけてください。
その場でウジャイーの音を出しますのでw

次回は実際にアサナの練習方法を紹介したいと思います。

では、また次回。


◆補足

胸式呼吸の1つで、呼吸によって気の流れをコントロールするのがウジャイー呼吸。
ウジャイーとは、力の支配を意味することから「勝利の呼吸」と呼ばれることもある。
息を吸う時も吐く時もお腹をへこませた状態で、口は閉じたまま舌先を巻く。
鼻から入った空気が通るノドの後ろのほうの気管を細くするイメージで、腹圧を高めて行う。
吸う、吐くの長さは均等に。ノドの奥を空気が通っていく音がスゥー、スゥーと聞こえ、
それに集中することで、さらに意識が高まっていく。
この呼吸法を実践すれば、ノドで空気を吸っていることを意識でき、入ってくる空気を
細くした気管で温めて、体内の至るところへ送り込むことを実感として認識できる。
また、温めた空気を各気管に送ることで、内蔵系の器官の活性化にもつながっていく。

Mune02

写真は箱根彫刻の森にて


◆追記(2008.7.8)

ウジャイー呼吸の動画アップ

   

ろっ骨を引き上げて息を吸うイメージがわかるかと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

またまたライブやりヤス!!!

 みなさん、こんにちは~!
BMXコーチのヤスでヤス~!

またまた!ライブ告知をさせて頂きヤス!

2月に続き、「The krackies」はまたまたライブやりヤス!!!

今週末の6月6日(日)でヤス!!!

相変わらず懐かしのメロコアなどをコピー&カバーしておりヤス。

メンバーの小学生はいつの間にか中学生になりました!!!

「The krackies」の紹介ページ(?)はこちら

今回のライブハウスは町田「WEST VOX」でヤス。

16:30スタートで僕ら「The krackies」の出番は19:30予定でヤス!!!

今回の対バンはPUNKバンドが多いかな~。

イベント詳細はこんな感じでヤス↓

「LONDON HOLIC #3」

BAND:カラベラ旅団 / The Krackies / The Mat Freaks Cracker / クソ精神 /
Pickle Pig Peanuts / Junk Drunkers

■open/start>>16;30
■adv/door>>\1,500/\1,800 (D別途)

場所:
町田「WEST VOX」
042-710-7282
町田市森野1-8-1MOAビルB1
でヤス。
「小田急線町田駅 西口よりみずほ銀行前を通って直進徒歩5分 JR横浜線町田駅 北口より小田急線連絡口へ
国道16号線鵜の森交差点を町田方面へ。森野派出所を右折して左側国道246号線より町田街道へ。駅前通りを通って駅をこえた右側
バス通りのニッポンレンタカーを挟んだ向い側、 1Fは託児所「ももちゃんナーサリー」
町田市民ホールすぐそば」だそうでヤス!

お暇なら是非~!!!

BMX&スケボーも楽しいけどライブも楽しいよ~!

では町田「WEST VOX」で会いましょう!!!

03_8 03_10

Krackies

| | コメント (0) | トラックバック (0)

質問について(答え編)

みなさん、最近このブログのコメントが増えてきてます!!(知ってました?)
各ブログページの一番下にコメントを書き込める欄があります、スクールやスケートボード、BMXに関する質問やご要望、そして厳しいご意見までどしどし書き込んでください。
スタッフ、コーチ一同で共有してお答え&改善していきますのでよろしくお願いします。

さて、今回はその書き込みコメントにありました質問についてお答えしようと思います。
あらかじめお断りしておくと、これは僕たちスクールの考え方であって必ずしも正解ではないと思います、他の方のご意見を否定するつもりはないのでご理解をお願いします。

Q:

防具の着用についてですがスクールに参加している子供達はしっかりと
着用しているので良いのですが講師の方達は大半何も着けていませんね。
私どもはスケボーの他にインラインの講習に参加していますが
あちらの講師はしっかりとプロテクターを着けています。
この違いはどこからくるのでしょうか?

A:
私たちはこの違いについて自分たちが行う行為を「遊び」と捉えるか
「スポーツ」と捉えるかの違いじゃないかなって所にいきつきました。

「スポーツ」は危険を避けるためにプロテクターを着用しますよね、
危険であればあるほどすごいプロテクターを。(アメフトや野球のように)

スケートボードを「スポーツ」と見なしていくと自然とヘルメット、
プロテクター着用っていう考えに至るのは自然なことだと思いました、
高いところからドロップするのはやはり危険なことだとおもいます。

しかし、スケートボードを「遊び」ととらえると見方が少し変わって
きます、ブランコやジャングルジム、滑り台を遊ぶときにヘルメット、
プロテクターは着用しませんよね。でも多少でも危険な点は変わらない
ですよね、そう考えると少し納得できませんか?

「スポーツ」として捉えられがちなスケートボードだからこそ僕たちの
考えである「遊びとしてのスケートボード」を伝えていきたいと
考えています。そしてその一番よい方法を手探りで探している所です。

どんどんスポーツ化していってスケート塾になってしまうのは私たちの
本意ではありません。

でも、小さいうち(キッズ)はヘルメットやプロテクターの装着を推奨
するというスタンスは同じです。
現在、たくさんの子供たちがヘルメットやプロテクターをつけてスケート
ボードを安全に楽しんでいるのはとてもうれしいことです。
体が完成されていない子供たちにはできるだけプロテクター、ヘルメットを
装着してあげてください。
(とくにミニランプをやる子供さんはつけてくださいね)

スタッフ一同 

参考までに今回のプロテクターについてコーチより寄せられた意見を載せておきます。

・自分達もいざ、危険を感じるセクション(例えばVERT)などをやることになれば、
危険を察知しかぶると思います。
無理をする際はメットなど、自分をプロテクトする物が
必要になるはずですが、
スポーツではない、楽しさを伝えるのに、安全3点SETは
必要ないと思います。

ボクは、スケボーの楽しさを共有するという目的でスクールに参加してます。
また、スクールで担当しているコーチはプロの方々です。

彼らもバーチカル(大きいランプ)で危険性のあるスケートをする時はヘルメットを
着用しますが、ストリート(平らな所でのスケボー)は比較的彼らには危険度が低く、
ヘルメットを着用するとかえって俊敏な動きの妨げになるので、あえて着用しないのです。
プロテクターは関節の動きの妨げになり、ヘルメットは重量感があります。
僕には未婚で子供もいませんが、息子や娘にコーチしてもらいたい親のリクエストは、
レールを超えたり、擦れるようななったりすることではなく斜度のあるところから
ドロップするたびに、
ヒヤヒヤじゃないかと思うんです。
100人中1人の少数派の声かもしれません、少数派であろうと多数派にせよ活動を
支援、応援してくれてる人たちに
違いはありません。
「何を教えてほしいか」の参会者と
「何を伝えたいか」の主催者の意見が一致することが
一番大事なことのような気がします。

スクールとしてのあり方として、このことを機に全員がメット着用して
きたとしたら
保護者の方々の意識に影響を与えることも確実です。

子供たちにも
今までと違った影響を与える存在になることでしょう。
プロテクターについて僕の意見なんですが、  スクールのときだけプロテクターをする
ことは、割り切っってしまえば簡単にできます。
でも、普段はつけてないわけですから、嘘の姿になってしまう。
 
普段の姿を見てもらったほうが真実を伝えられると思います。
僕はヘルメットをつけることってほぼないです、でも膝のパッドは付けています。
理由は簡単、BMXの場合、ひざをぶつけやすいので、ぶつけても痛くないようにです。
また、着用義務のある場所ではヘルメットもフツーに着用します。そのために普段は
かぶることのないヘルメットも持っています。
 
それから、ヴァートやでっかいDIRT(BMXの場合ですが)にチャレンジ系のときは
着用します。防具を付けている安心感から自分の限界をあげることができるのは
否定できません。だから自分がそういう気分のときは着用すればいい。
僕は、人に教えるときには「スキルがないのに無理することが一番危険」だと言うことを
伝えていきたいと考えています、防具の話からは若干ズレますが。。。
   
      
・ボクはヘルメット、プロテクターについては自己責任であると思っています。
しかし、子供だから自己責任を問う前に、大事になる前にそれを防がないといけないとは思います。
子供はほとんどの場所で大人のルールに従っています、学校でも習い事でも。
そこでは極端に例えるならどこでも”否応なしに防具着用”です。
防具着用を否定しているわけではなくて、子供のときに自分の意思で何かをする機会があまりないんじゃないかと思うのです。だから、スクールで防具着用を任意にしていることは意味があると思っています。
ただでさえ、最近の子供は外で子供同士が遊べる機会(つまり子供同士が可能な限り自分達の好きなように遊ぶ)が少ないと思います。だからプロテクターの着用くらい自分で選択させるのが子供のためになると思います。

以上、コーチから寄せられた意見でした。
皆さんもいろいろなご意見があると思います。
ぜひ書き込みをお願いします!!。
 




 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »