« Human Skateboard | トップページ | お知らせ!! »

スケートボードシューズ

こんにちは。さほです。

最近スクールでスケートボードシューズ(以下スケートシューズ)を履いている子供たちをよく見かけます。スケートボードするには絶対スケートシューズが必要!!という訳ではないのですが、やっぱりスケートシューズはスケートボードに適したつくりになっているので、やりやすさ、安全の点から見てもお勧めなのです。

今回はスケートシューズについて書いてみます。

そもそもスケートシューズといわゆるふつうのスニーカーはどこが違うのでしょうか?見た感じは同じだし、スニーカーでもいいじゃないか、って感じですよね。

どこが違うかというと、ソール(地面と接するゴムの部分)が違います。ここがいわゆるスニーカーと全然違うところです。具体的にいうと、ソールのやわらかさ、デッキテープとソールの食いつき具合が違います。

スケートボードはとても繊細で微妙なコントロールを必要とします。ソールを介して足の裏に伝わってくる感触は最も重要な要素です。ソールが堅いとボードに乗った時、自分が足のどの部分で乗っているか、どういう風に重心を保っているか、ということが伝わってきません。そうすると、乗れていると思って乗っていても、足がボードから外れてしまいます。それと堅いソールはデッキテープへの食いつきが弱く、滑りやすいので危険です。スケートシューズではないスニーカーはスケートボードをするにはソールが堅すぎるものが多いので注意が必要です。

スケートボードシューズはソールの具合にとても気を使っていて、メーカーごとにいろいろな種類のソールがあります。それくらいスケートボーダーが気を使う部分なのです。

初めてのスケートボードシューズは、まずはやわらかくてボードの感覚が伝わりやすいソールのものをお勧めします。生ゴムのソールをアッパーに接着している作りの、バルカナイズソール(写真)というものが良いかもしれません。堅めのものもありますが、オーリーやトリックをやり始めたときに足への衝撃を和らげるために良いと思います。

スケートシューズにはまだまだたくさんの工夫があるのですが、きりがないので今回はこの辺で。

それともう一つ大切なこと。
シューズの機能もそうですが気に入ったデザインを選ぶことが大切です。僕は機能よりデザインに魅かれてシューズを選ぶことのほうが多いですね。やっぱり、気に入ったデザインや好きなスケーターが履いているシューズでスケボーするほうが気持ちが上がりますから。

春ですし。気持ちよくスケボーしましょう。

saho

P3290126_1 P3290124_1

|

« Human Skateboard | トップページ | お知らせ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120161/5898651

この記事へのトラックバック一覧です: スケートボードシューズ:

« Human Skateboard | トップページ | お知らせ!! »