« 5nutsのスクールで | トップページ | 白い靴’06サマー »

出てくるモノは

最近ギターを弾きはじめました。
アコースティック(アクゥースティック?)です。

きっかけはルームメイトのトラビス。
彼はギターを弾きます。
音を感じながら気持ちに共鳴するように弾きます。
つまり、うまいっていうことなんですけど。

今までギターを弾いているのを聞いて、何度も弾けたらいいなぁと思うことはあったけど、いつも結局ノートライ。

でも今回は自然とギターにさわりたくなった。
彼は、気持ちをのせるようにギターを弾いて、いつもその音はかっこいい。というか、あたたかい?やわらかい?タッチング?

「その曲いいね。だれの曲?」っていうと、だいたいいつも、
「オレノ、イマツクッタ」っていいます。(それかピンクフロイド)
トラビスいわく、感じるままに弾け、と。
コードとかルールとかより気持ちいいと思う音を追っていくことが楽しいんだと。

おー、なんかスケボーみたいだ。
やっていることが何であろうと出てくるものは人間性なのかな?
たまたまいま友達に勧められて読んでいる「ハイ・コンセプト」という本に書いてあることに通じることがあって、自分の中で妙に納得。

スケートボードでも、同じことをしても人によって出てくるモノはまったく違いますからね。技術とか見た目とかを言っているのではなくて。出てくるモノは結局自分みたいな。

ということで最近は暇さえあればギターで音を鳴らしています。
気持ちいい音を見つけた瞬間はほんとに気持ちいい!

早穂

|

« 5nutsのスクールで | トップページ | 白い靴’06サマー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120161/3066806

この記事へのトラックバック一覧です: 出てくるモノは:

« 5nutsのスクールで | トップページ | 白い靴’06サマー »